aliens

インベーダーゲームを見様見真似で作ってみた

インベーダーゲームは1978年にタイトーから発売されたアーケードゲームです。正式名称は「スペースインベーダー」です。

当時は大流行したらしいですね。私はおっさんですがもうちょっと上のおっさん世代のゲームで、私は古びた喫茶店や温泉宿のゲームコーナーくらいでちょっと見たくらいしか実機の記憶はないですね。

そんな過去の名作インベーダーゲームを何となしに真似て作ってみようと思ってやってみたのが今回紹介するゲームです。

正直、「インベーダーゲームくらい余裕っしょ」っと開発前は思ってましたけど、実際やってみると。。(^^;)

ALIENS

こちらが私が作ったインベーダーゲームもどきです。このまま遊ぶことができるのでぜひ遊んでみてください。

遊び方

PCの場合は矢印キーで自機を左右に操作し、Xキーで弾を発射します。

スマホの場合は画面に表示されているボタンをタッチしてください。

自機が3機ある状態から始まるので、それがすべてなくなるまで遊ぶことができます。

がんばって高得点を出してください。

制作についてのあれこれ

真似でも自分で考える

趣味でゲームを作っていると「あのゲームってどうやって作ってるんだろう」とか気になります。

今ならネットで検索すればある程度作り方を知ることができると思います。

でも!それではつまらない!

ってのが人情ってものでしょ?(違う?)

毎回作ってみようと思うと「こうかな?」「こんな感じかな?」っていうことを一人想像しながら作ってます。

それっぽく作ってもそれが正解かどうかなんてわかりませんが、自分で考えて試行錯誤して作ってそれっぽく出来たときは「俺の思った通りやん!」っていう満足感が得られるのでけっこう楽しいです。

ただ、今回はできるだけ似せたかったのでYouTubeで動画を見ながら作りました。なのでいつもなら「こんな感じでしょ」って感じで作るところでも、今回は「あれ?なんか違うぞ?」って見比べながらできるだけ近い感じになるようにがんばりました。

残念ながら防御壁(?)の再現はちょっと難しそうだったのでやりませんでした。気が向いたら挑戦するかなぁ。。

できたつもりでもけっこう違った

けっこう似せて作ったつもりでも調べてみると色んな所が違いました。

ウィキペディアを読むと「へぇ、そうなんだ」と感心するところがちらほらありました。やっぱ当時のものすごく不便な環境下で今まで見たこともないゲームを作ってしまうような人は凡人とは違いますね。そこそこうまく出来たと思ってた自分が恥ずかしい。。

ちなみに名古屋撃ちもできません。ウィキペディアをちゃんと読んでみて名古屋撃ちがどういうものか知りましたが敵の弾の出現位置や当たり判定の場所が違うので名古屋撃ちに挑戦するとすぐ死にます。

あとがき

見た目はけっこう似せることができましたが細かいところまでは真似できなかったのはちょっと残念ですね。

まぁYouTubeの動画見ながら作ったんでしょうがないよね(^^;)作るのも途中で飽きたし。

レトロゲームの時代の開発者はやっぱ只者ではないですよね。今みたいにパソコンで簡単にできる環境なんてない時代にすごいゲームを生み出してるんですからね。すごいです。

ほかにもゲームがあるよ

私の作ったゲームが遊べるサイトです。ほかにもたくさんゲームがあります。

ゲーム開発技術ブログもあるのでゲーム制作に興味ある方もぜひ!!

Pocket

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2020 俺のSPACE | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.