アマトリチャーナ

ベーコンと玉ねぎのこってりトマトソースパスタの作り方

今回はベーコンと玉ねぎのトマトソースパスタを作ります。

アマトリチャーナってパスタですね。本来はグアンチャーレっていう塩漬け肉を使うらしいですが、そんなもんスーパーに売ってへんのでベーコンで作りましょう。グアンチャーレやないとアマトリチャーナではない!って方はよそへ行ってください。

個人的にこのパスタはミートソースに並ぶ「嫌いな人はいない、万人受けするパスタ」だと思っています。アレルギーでも持ってない限り食べれない人なんてそうそういまいっていう安心・安定のパスタです。彼氏・彼女に初めて料理を作ってあげるときに使える料理だと思います。

あとこのパスタは甘めのトマトソースの方が美味しいと思います。そのため今回ホールトマトを使って作るんですが甘みを足すために玉ねぎをたくさん使っています。もし市販の甘みのあるトマトソースを使う場合は玉ねぎは少しでOKです。

甘みのあるトマトソースにベーコンの旨味をたっぷり含ませてチーズをたっぷり振りかける。こってり濃厚。最高ですね。

 材料(3~4人前)

ベーコン 120g
玉ねぎ 1/2~1玉
にんにく 2片
白ワイン 50ml
唐辛子 1本(好みで)
ホールトマト 1缶
粉チーズ 適量
ブラックペッパー 適量

今回の分量は3~4人前です。煮込むので1人前ずつ作るよりまとめて作ったほうが美味しくできます。余る場合はジップロックなどに移して冷凍しておきましょう。

作り方

まずは材料を切りましょう。

今回私は玉ねぎ1玉切ったんですがちょっと多かったです(^^;)甘めに作りたい気持ちが大きすぎましたね。大きさにもよりますが1/2玉くらいでOKかもしれません。もし後で甘みが足りないと感じたら砂糖をちょっと足してください。

アマトリチャーナ作り方1

切り方はスライスがいいと思いますが、たくさん入れるならみじん切りの方がいいかもしれないです。

にんにくは潰します。潰すとスルッと皮がむけます。

にんにく大好きな人はスライスやみじん切りでもOKです。そのへんは好みでやってください。

アマトリチャーナ作り方2

ベーコンは拍子切りにします。スライスでもいいですが食べたときに厚みがあるほうが肉食ってる感があって良いと思います。

こってこてな味付けにしたい方はベーコンをたっぷり入れてあげるといいでしょう。

アマトリチャーナ作り方3

ではフライパンにオリーブオイルを敷いてベーコン、にんにく、唐辛子を炒めましょう。

じっくりゆっくり炒めてベーコンの脂をたっぷり溶け出させます。ここでたっぷり脂を出させることでトマトソースに濃厚さが含まれます。

アマトリチャーナ作り方4

じっくり旨味を出したら玉ねぎを加えて炒めます。玉ねぎも十分しんなりするまで炒めます。

アマトリチャーナ作り方5

玉ねぎを十分に炒めたら白ワインを加えてひと煮たちさせ、ホールトマトをジューサにかけたものを加えます。

アマトリチャーナ作り方6

塩・ブラックペッパーを適量加えます。パスタと和えるときに最終調整するのでこの時点でしっかり味付けしなくてもいいです。軽く塩味が付くくらいでOKです。

ここからしばらく煮込みます。玉ねぎがとろけるくらいまでじっくり煮るとソースが甘くなって美味しくなります。お水を足したりしながらじっくりことこと煮ます。

ソースが出来上がったら食べる分だけフライパンに残してあとは別容器に移しておきます。1人前100gのパスタだったら3~4人前は取れると思います。

アマトリチャーナ作り方7

茹で上がったパスタを投入しソースと和えます。ソースの濃度や塩味を確認しながら必要であればゆで汁や水を足したり塩を加えたりします。

アマトリチャーナ作り方8

美味しく出来上がったら盛り付けです。

くるっと捻りながら高さが出るように載せていきます。べちゃっとさせちゃうと見た目で美味しさが半減してしまいます。

アマトリチャーナ作り方9

あとは粉チーズを好きなだけ振りかけて、ブラックペッパーを好みで振りかけて完成です。

アマトリチャーナ

まとめ

いかがでしたでしょうか?濃厚でうまそうでしょ?

煮込む時間のない方は市販の甘みのあるトマトソースで作れば煮込まずすぐできます。ホールトマトの方が安いけどその辺は予算と時間で都合の良いほうで作ってください。

Pocket

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2020 俺のSPACE | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.