筋トレ

筋トレは変則的分割法で頻度をコントロールして行うと効率が良い

筋トレは「腕・肩・胸・背・脚」のような感じで分割してトレーニングしている方が多いを思います。

これは鍛える部位を分けることで毎日筋トレを行える効率の良いトレーニング法だと思われています。

しかし、本当に効率的なんでしょうか?

筋肉は48~72時間で回復する

トレーニングで破壊された筋肉は48~72時間で回復するようです。毎日同じ時間にトレーニングを行うなら中2日休めばほぼ72時間たっています。5分割で順番に筋トレを行っている場合、同じ部位を次回トレーニングをするまで2日ほど時間を無駄にしてしまっていることになります。

筋肉をどんどん大きくしたいなら回復が終わったらすぐにまたトレーニングをするべきではないでしょうか。

72時間で回復するなら中2日でほぼ72時間経ちます(同じ時間にトレーニングする場合)。ということなら常に中2日でトレーニングメニューを回していった方がより早く筋肉が成長していくことになります。

筋肉の成長スピードの遅さにじれったさを感じる方は中2日で行うようにしてみましょう。

小さい筋肉は72時間もいらない

腹筋や肩の後部など小さい筋肉は回復に72時間も必要ないようです。腹筋は毎日トレーニングしてもOKとさえ言われています。

つまり、小さい筋肉やまだ発達が弱く小さい部位ならば中2日と空けずにトレーニングしても大丈夫だということです。

弱い部分の比率を上げてバランスよく鍛える

上記の内容からトレーニングメニューを考えると、自分の弱い部位のトレーニング頻度を上げて行うようにすると効率よくバランスよく鍛えることができるようになると思います。

例えば背中・胸には自信があるが腕・肩・脚が小さい場合は腕・肩・脚を中2日で回し、背中・胸は週一程度にすると弱い部位の成長が追い付いてバランスの良い体に近づけると思います。

また、肩の後部など鍛えるのが難しくなかなか成長しにくい部位は中1日でどんどんトレーニングしていくと良いでしょう。

まとめ

  • 筋肉は48時間から72時間で回復する
  • 単純な分割法では無駄にしてしまっている時間がある
  • 小さい部位は回復に72時間もいらない
  • 弱い部位のトレーニング比率を上げて均整の取れた体を作る

単純な分割ではなく自分に合った分割法やサイクルを考えてトレーニングメニューを変えていくとより理想の体に近づけると思います。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2020 俺のSPACE | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.