ボリュームのあるブログ記事はおもしろいのか?

ブログを運営していて度々感じるのが

何千文字もあるボリュームたっぷりの記事はおもしろいのか?

という疑問。

文字数があるほどSEO的に有利という話は聞くけど、それって運営者目線だよね?読者側としてはどうなの?って思う。

個人的には長い記事は嫌いです。

正直最後まで読みきる前に飽きます。ダルい。特になにか調べ事だった場合はなかなか核心にたどり着けずイライラします。

調べ物の時は読んでない

そう、調べ事のときは記事なんてほとんど読んでないですよ。

「俺様の欲しい情報はどこにあるんだよ!?」ってイライラしながらスクロールして情報が見つかったらまだいい方で、結局薄っぺらい情報しかなかった時には

このブログをブラウザでブロックできないのか?

とすら思ってしまいます。

ていうかそういうブログ多すぎ。そりゃGoogle先生も検索のプログラム変えるよね。

簡潔に面白く

そして暇潰しに読むなら面白さが大事なので長さなんてどうでもいいです。面白ければ長くても読み続けられるけど、それでもあんまり長いとやっぱり飽きる。

「え、今のところで終わりでよくない?まだ続けるの?」と思うこともけっこうあったりします。

なんというか良いところでスパッと終わって「このブログ面白いな!」っていう方が良いと思うんですよね。

良いブログにしよう

偉そうなこと書きましたが自分もまだまだなんで(;^ω^)

ただ、一つ言いたいことは金を稼ぐことだけを目的としたブログ運営はやっぱり読者にはつまらないんじゃないかと思います。SEOを意識しまくった記事なんて完全読者無視になってると思います。

読んで面白い記事や役に立つ記事なんてSEOとかブログの常識とか考えず書くべきなんじゃないかなぁ、なんて(まぁそんなこと言っても文字数やSEOはどうしても気にしてしまいますけどね。。)

読者にとって面白い・役に立つそういうブログを目指したいと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。