甘酸っぱうまい!タイの焼きビーフン・パッタイの作り方

タイの焼きビーフン。甘酸っぱい味が特徴です。
タマリンドという果物のジュースをソースに使っていて、そのタマリンドが甘酸っぱさのもとになっています。

タマリンドジュースは乾燥のタマリンドと水を1:4の割合で入れ、手で揉みほぐしてからザルで種を取り除きながら濾してつくります。すでにペースト状に なっているものを購入することもできますがどうやら種ごと磨り潰しているようで少しジャリジャリしていて、乾燥の物を戻して作った方が味がよいです。

麺はセンレックという腰のない米の麺を使います。冷水につけて軟らかく戻してから料理に使います。多めに戻してしまっても冷蔵庫に入れておけば1週間くらいは余裕でもちます。

調理的には炒めるというよりは最終的には調味料と水で煮詰めていく感じです。

粗めに砕いたピーナッツをたっぷりかけると風味も食感も最高です。

材料(1人前)

◎具

センレック 80g(水で戻し後)
海老 3尾
玉ねぎ 適量
厚揚げ 適量)
1個
ニラ 適量
もやし 適量
ピーナッツ 適量
チリパウダー 好みで
ライム 好みで

◎ソース(作りやすい量)

タマリンドジュース 1/2カップ
パームシュガー 大さじ2
シーズニングソース 大さじ2

作り方

1、ソースを分量通り混ぜておきます
2、玉ねぎは炒めやすい大きさにスライス、厚揚げは5mm位にスライスします。ピーナッツは素揚げして軽く砕いておきます。
3、フライパンを熱して海老と玉ねぎと厚揚げを炒めます。ここでは表面だけ焼けてればいいです。
4、海老と玉ねぎを端に寄せ卵を割りいれて軽くスクランブルエッグ状にします。
5、卵も端に寄せ、センレックを入れソースを50mlと水100mlを入れます。
6、そのまま火にかけセンレックに吸わせます。
7、程よく水分がなくなってきたらニラともやしを入れて混ぜます。
8、素早く混ぜたら器に盛り、ピーナッツをたっぷりかけます。ライムとチリパウダーは好みで使ってください

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。