鯛のあら煮

よく売れ残って半額になってる鯛のあらを煮て節約!!

私がよく行くスーパーではちょくちょく魚の切り身などが値引きされています。今時の人は魚を食べないのか売れ残ってしまうようです。確かに魚を料理するとなるとちょっと面倒臭いような気がします。

でも、ちょっと考えてみてください。よく売れ残って値引きされているってことは、その売れ残り商品の調理法をマスターすれば節約になるってことです!売れ残り商品で毎日ご飯作れたら家計が楽になること間違いなし!!

あらはよく売れ残って半額になっている

魚のあらはちょくちょく売れ残って半額になっています。あら自体最初から安く売られているのに、売れ残って半額になっているとめちゃくちゃ安く買えます。

今回買ってきた鯛のあらは一尾分入ったパックが半額になって149円!!やっす!!

安いので私は2パック購入しましたがそれでも298円!!

ありがとうございます!!

鯛のあら煮作り方1

節約のために

安く仕入れられるあらですが、やっぱり調理は面倒臭いです。

しかし、収入を増やすか節約するかしか自由に使える金が増えることは無いのです!

だから面倒臭くてもやりましょう!!

軽く茹でて洗う

一番の面倒臭いポイントがここです。この前処理が一番面倒臭いところです。

しかし、これさえ済ませればあとは煮るだけなので楽勝です。

では、まずお湯を沸かします。少量の塩を混ぜて沸点を上げてガンガンに沸かしておきます。

そこにこの鯛のあらをイン!!

鯛のあら煮作り方2

鯛のあら煮作り方3

ここは軽く表面の色が変わる程度に茹でます。10秒もいらないくらいです。すぐにお湯から出してボールに入れて流水で冷まします。同じようにして全部茹でます。

次に流水で洗います。表面についているぬめりや残っている鱗、内臓や血合いを取ります。これを怠ると出来上がりが生臭くなったり、うろこが残っていて食べづらくなってしまいます。指でこするように洗うと落ちます。うろこは部分的にかなり残っていたりすることがあるので注意して取りましょう。

ちなみに今回魚の目がちょこちょこ映っています。気持ち悪いという人もいるでしょうが、こんくらいのことは慣れてください。

そう、これが死んだ魚の目です!

鯛のあら煮作り方4

あとは適当に煮ます

綺麗に洗ったら鍋で煮ます。深さは必要ないのでフライパンでいいです。適当に並べてネギや生姜を散らします。

鯛のあら煮作り方5

味付けは適当です。砂糖、酒、醤油を適当に入れます。私は魚を煮るときは酒はちょっと多めに入れます。砂糖と醤油は最初てきとうにいれて、後で味見をしながら調整していきます。水はひたひたになるまで入れる必要はないです。半分浸かるくらいの水位でいいと思います。

火を付けて沸騰し始めたらアルミホイルで落としブタを作ります。

鯛のあら煮作り方6

途中、何度か味見をしながらバランスを整えていきます。20分くらい煮ると出来上がります。

鯛のあら煮作り方7

皿に盛れば居酒屋気分

出来上がったものをお皿に盛るといい感じになりました(*^^)v

鯛のあら煮

お酒の肴にもばっちりな出来上がりっぷり。もちろん白飯と食べても最高です!

鯛のあらを使った他の料理

お吸い物やみそ汁、鯛飯などがあります。

それから洋風に魚の出汁を取ることもできます。出汁をとったあとの身はちゃんと食べれば無駄になりません。

バリエーションがあると使い回しがきいていいです。

あとがき

あらは食べづらくて敬遠している人も多いかもしれませんが味はすごく美味しいので食べないのはもったいないです。それに家で食べれば人目なんか気にする必要が無いのでいくらでも骨をしゃぶって食べれます(*^_^*)

ちなみに私は鯛の頭ならここまで綺麗に食べれます。

鯛のあら煮食後

「釣りバカ」のはまちゃんも納得のレベルでしょう(^^)

これはお吸い物にしたときなので骨が白いです。鯛の頭はここまで食べられます。飽食の時代と言われてますけど、食材買うにはお金がかかるので節約のためにもきっちり綺麗に食べましょうねヽ(^o^)丿

ちなみに、あら煮なんて習ったことも調べたこともなかったので、今回検索してみたら牛蒡と煮てるのが多いですね。料亭はそうしてるのかな?田舎の母の料理には牛蒡が入っていたことはなかったですね。まぁそんなことを気にしていたら料理なんて本当に面倒臭いものになってしまうのでどうでもいいです(^.^)

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2020 俺のSPACE | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.