英語の勉強はマンガですると良い

私は学生時代まったく勉強しなかったので英語は全然わかりませんでした。

それなのにあるときなぜか「英語を勉強しよう!」と思い立ち勉強を始めてしまいました。

ただ、勉強嫌いの私には参考書を読んだり問題集を解いたりするような勉強法は5分と続けられないのでどうやって勉強を行うのかというのが大きな問題でした。

そこで思いついたのが英語版の漫画を読む勉強法でした。

最初は全く分からなかった

一番最初に買ったのはナルトの英語版。なぜナルトだったかというと読んだことは無かったけど周りが面白いと言っていたマンガだったからです。それだけ。

で、買って読んでみるとこれが全く分からない。正直微塵もわからなかったです(;^ω^)

まぁ学生時代勉強してなかったんだから当然なんですが、その時の私は「マンガ程度なら少しは読めるっしょ」って思ってました。アホですね。。

バイリンガルの漫画もある

ナルトは完全な海外の輸入版だったのですべてのセリフが英語になっていますが、実は英語学習用のバイリンガルになっているマンガが日本の出版社から出ています。これは日本語と英語の両方が併記されいます。

とりあえず一番簡単そうなドラえもんのバイリンガル版を買ってきて勉強することにしました。

全く英語力の無い私は日本語と英語両方を読みながら「どうしてこういう意味になるのだろう?」と思いつつ、とりあえずわからない単語をかたっぱしから調べて覚えていきました。

そして何度も何度も何度も何度も繰り返し読みました。

ドラゴンボールがとても読みやすかった

ドラえもんのバイリンガル版である程度の英語力が付いて自信が出てきたころにもう一度ナルトを読んでみたんですがやはりわからない。。ナルトはどうやら使われている単語が思いのほか難しかったようです。

そこで「違うマンガにしよう」ってことで購入したのが海外版のドラゴンボール。ドラゴンボールならストーリーも知っているから言葉の想像もつくだろうと思って決めました。

結果から言ってドラゴンボールはすごく読みやすかったです。

絵からセリフの内容が何となく想像でき、また言葉数が必要以上に多くないのもあって、なんとなくわかるような気持ちがして楽しく読めました。

もちろんわからない単語はたくさんありましたが苦痛に感じることはありませんでした。

改めて鳥山明先生の偉大さを感じました(^^;)

ひたすら読んで調べるを繰り返す

後はひたすら読んでわからない単語を調べて覚えるっていうのを繰り返しました。

ほんとひたすら何度も繰り返し読みました。

そんな勉強法でも文法とかわかってくるんですよ。「こういうことか!!」っていうのがときどきあって、わからなかったことがわかる瞬間がちょこちょこあります。

また、単語を調べる際に発音記号も同時に見てアクセントの位置なんかも覚えていくと「ああ、これはこういうパターンね」というのがわかってきます。

ひたすら繰り返すとそういうことが少しずつ分かるようになってきます。

まとめ

マンガを単語を調べながらひたすら読むだけの勉強法ですが、繰り返し読めば確実に英語力は上がります。

ちなみに私はこの方法だけで問題集など一切やらずに英検2級を合格しました。

文法なんて繰り返し読めば感覚で分かってくるもんなんですよ、たぶん(^^;)

ただ、私は基礎英語力がなかったので時間はかなりかかりましたけどね(;^ω^)

すでに基礎英語力がある方ならいろんな英語版のマンガをたくさん読めば一気に英語力がアップすると思いますよ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。